第二次世界大戰的日本國民服

這篇是從我在檸檬館買到上面繡的百貨公司電話號碼只有五位數時的國民服,講到我們高中上軍訓課,以及我到金戰營去的內容。
我為了我們有上軍訓課有打靶,還跟腦袋死硬的日本年輕人大吵過呢,因為他覺得我們練打靶是為了要打仗,很野蠻。
那個人自己參加射擊社,純粹射好玩,我覺得那才野蠻。

この軍服らしき物は、私が店の隅っこにあるテーブルの下に置いてあるカゴの中から掘り出したものです。値札が付いて無いので、それを持って、マスターに値段を聞きに行きました。マスターが:「ゲートルも同じ場所に置いてあるのを見えなかったのですか?張さんがこの手の物が好きだと思ったよ!」と言って、雑嚢までつけて、いつもの“持ってっけ、泥棒!”の値段で売ってくれました。
私は別に軍服マニアではないが、何着も軍服を持っています。主な原因は軍服の色が野外の環境に溶け込みやすいので、動物の観察をする時に、動物達の警戒心を招かないのと、丈夫だから、如何なるフィールドへ行っても耐えられるからです。と言う建て前の事を言って、実際、軍服を着たかったです。
台湾では今でも徴兵制で、男子が満18歳になると服役しなくてならないのです。最終学歴を終えるまで服役を延ばせられますが、二年間の兵役を勤めないと、仕事も見つかりっこないです。要求される履歴の中に、「兵役終了」が学歴よりも大切だからです。
徴兵される前に、高校から大学の二回生まで、五年間も週に二時間の軍事訓練の授業があります。他の学科の成績が首席でも、軍事訓練が赤点だと、留年しかないのです。女子の軍事訓練の授業の半分は救急などの看護訓練です。残りの半分は男子と同じで、「つまらない」基礎教練(炎天下で気を付け、休め、行進などの繰り返し)と、少々「建設的」な木製のM56の模型で組み立て、ばらす練習をします。皆にとって、唯一の「楽しみ」は年に一回の射撃練習です。しかし、服装は何時も冴えないカーキ色の上下だったので、「凛々しい軍服」に憧れていました。
一着目の軍服は私が院生の時に参加した金門戦闘営で手に入ったものです。金門は中国から十キロしか離れていない台湾領の小さな島、当時の人口の八割は兵隊でした。今みたいに開放され観光化していないので、「くにの最前線」を見学する、それに軍隊の体験をするために、この二週間の戦闘キャンプを申し込むしかないのです。軍隊での訓練を一通り、しっかりやらされるので、終えた後に軍隊経験者に対する尊敬も増えました。そして、ますます軍服を着たくなり、何とか手に入りました。本当に長もちする、着心地が良いので、軍服を買い集め始めました。
写真の服の内側に、元の持ち主の名前、販売元のデパート名と五桁の電話番号が書いあります。私がこの服の正式的な名前を聞こうと思って、何回もこれを着て、四条高倉のデパートへ行きました。が、聞く勇気がなかったのです。適当に「国民服」と呼んでいますが、本当は何でしょうね。
attachments/200805/4691865305.jpg
評論: 0 | 引用: 0 | 閱讀: 9164
發表評論
暱 稱: 密 碼:
網 址: E - mail:
驗證碼: 驗證碼圖片 選 項:
頭 像:
內 容: